社会保険労務士を講座で習おう|将来に強い資格

勉強

良質な教材を選ぼう

資格取得やスキルアップのために勉強を行う人は多いですが、仕事を持っている場合はスクールに通うことは難しくなってしまいます。そうした場合も通信講座を利用すればそれぞれのペース、好きな時間に学習を進めていくことができます。

社会保険のスペシャリスト

セミナー

業務内容と資格の特徴

現代社会は社会保険で成り立っているといっても過言ではありません。社会保険といっても雇用保険や厚生年金保険など、様々な保険があります。一般人には難解な社会保険制度ですが、豊富な知識を持っているのが社会保険労務士です。企業の人材には欠かせない存在で、その仕事内容は雇用保険や厚生年金保険の書類の作成や事務代理業務が主ですが、人事や労務管理などのコンサルタントも行います。それだけではなく、高齢者の年金プラン設計なども行います。そんな社会保険労務士になるには、国家試験に合格しなければなりません。その国家試験の受験資格は学歴、資格、職歴とあります。受験資格を取得するためには、専門学校や通信サービスの講座で知識を身につける必要があります。そして国家試験に合格すると社会保険労務士になることができます。通信サービスの講座の場合、知識が初心者でもわかりやすいテキストになっています。試験問題集はマークシート式ですので、必ず合格できるように、過去の試験問題から徹底的に問題を分析した問題集になっています。もちろん法改正にも対応しています。そして通信サービスの講座での費用は8万ほどで専門学校に通うより割安です。また社会保険労務士の国家試験の合格率は非常に低く、10%ほどしかありませんのでしっかりした講座を選ぶことが何よりも重要です。しかし社会保険労務士になれば、これからますます需要が広がると言われています。そのため、独立開業も可能です。

学生

学校の選びかた

国家資格を得るためには、所定の教育を受けていることが受験資格となっていることも多いです。専門学校の通信課程で学ぶ場合もスクーリングが必須科目になっています。また、学校を選ぶ上では通学が可能であることが重要なポイントとなります。