社会保険労務士を講座で習おう|将来に強い資格

学校の選びかた

学生

学校選びのコツ

医師や看護師、美容師など国家資格は数えきれないくらいあります。しかし、その多くはその資格に関する専門的教育を所定の機関で学んでいることが、国家試験の受験条件になっています。そのため、受験資格が得られる大学や専門学校なども数多いです。最近では昼間部や夜間部の他に通信課程を設けている学校も増えており、幅広い人が入学できるようになっています。とは言え、技術力も必要とされる国家資格の場合、通信課程でどのように学ぶのかと疑問に思う人もいるでしょう。そこで、今回は美容師の専門学校の通信課程を例にとって、授業の内容や学校を選ぶ際のポイントなどを説明していきます。まず、美容師の国家試験は筆記試験と実技試験があるので、技術を学ぶことはとても重要になります。そのため通信課程でも、一定期間実際に学校に通って直接講師から技術を学ぶ時間が設けられています。これをスクーリングと言いますが、専門学校によって一年に一回集中的に行うところや数回に分けて行うところなどがあります。このスクーリングも受験資格を得るための必須科目になっているので、必ず出席しなければいけません。よって、通信課程と言えども通学が可能な学校を選ぶことが重要なポイントとなります。また、昼間働いている人のために、夜間にスクーリングを開催している専門学校などもあります。国家資格はなくても美容室で働いている人の場合は、スクーリングの期間が短くなる場合もあるので、事前に良く調べると良いでしょう。